#

卒業生メッセージ

自動車業界で活躍するOBから
熱いメッセージが届いています。

ロードサービス

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)

中川 隼斗さん 2016年卒業/千葉県出身


先輩のレッカー車に乗って、見習いからスタートしましたが、現在は社内検定に合格し、一人で出動できるようになりました。エンジントラブルやオーバーヒート、バッテリー上がり、パンク、燃料切れといった様々な車両トラブルに対して、いつでもどこでも駆け付けて、故障探求や応急処置、車両けん引などの救援活動を行います。一つとして同じ状況での救援活動はありませんから、その都度、現場を把握し、安全かつ素早い対処をしなければなりません。時には判断に迷ったり、救援が難しかったりと、常に臨機応変な対応が求められますので、もっと現場経験を積んで実力を身につけたいなと感じています。仕事をしている中でお客様からいただく「ありがとう」の言葉は本当に励みになりますし、やり甲斐を感じる瞬間ですね。

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)

JAPAN AUTOMOBILE FEDERATIONは略称「JAF」として呼ばれ、クルマのトラブルに対して迅速に現場に駆け付けるロードサービスや交通安全推進活動やモータースポーツの普及や振興を行っている。


空港特殊車両整備士

株式会社JALエアテック

宮﨑 勇太さん 2016年卒業/千葉県出身


NATS学生時代に成田空港でアルバイトをしていたので、空港内を走る様々な特殊車両はとても身近に感じていました。航空機を牽引するトーイングカーや貨物の積み下しに使用するハイリフトローダー、貨物コンテナを引いて走るトーイングトラクター、また航空機の整備などで活躍するクリーニングマスト車や高所作業車など、航空機が安全かつスムーズに運航出来るよう地上で支援する様々な車両の点検、整備を行っています。とにかく扱う車両の種類が多く、ベテランの先輩達でもまだ触ったことのない車両があるほどですから、覚えることもたくさんあって、しかも海外製の車両なんかは整備マニュアルが英語やドイツ語だったりするので、とても難しいです。しかしその分やり甲斐があり、面白い仕事です。もっと経験を積んで、様々な仕事に挑戦したいと思います。

株式会社JALエアテック

航空機の安全運航や円滑な空港運営の一翼を担う空港関連技術の総合サービスプロバイダー企業。その一つに施設GSE事業部の車両整備業務があり、空港内で使用される特殊車両などのメンテナンスを行っている。


オリジナルカー製造

株式会社光岡自動車

中川 遥志さん 2015年卒業/千葉県出身


カスタマイズ科で学んだ技術を存分に活かせる仕事がしたいと探している内に富山県まで来ました。そして辿り着いたのが、オリジナルカー製造で有名な光岡自動車です。入社直後は完成車に近い状態のコンプリートカーにパーツを組み付ける工程を担当していましたが、現在はベース車の分解からシャシ本体に改造を加えていくという、オリジナルカー製造の根本にかかわる車体工程の仕事をしています。製品はミリ単位での精度が要求されますし、どんなに小さな部品でもすべて手作りすることの難しさ、そしてちょっとしたミスさえ許されない完成度など、要求されるレベルは非常に高いものです。何でも出来る先輩が身近にいるので、とても刺激になっており、早くそのレベルに達したいと考えていますが、まずはこの車体工程でのプロフェッショナルになりたいと思っています。

株式会社光岡自動車

日本で10番目に誕生した乗用車メーカー。ビュートやリューギなどのオリジナルカーを手作業にて製造・販売するミツオカ事業のほかに、世界の幅広い輸入車を扱うディーラー事業なども展開している。


レーシングメカニック

株式会社トムス

荒原 和貴さん 2014年卒業/千葉県出身


国内外で開催されるスーパーGTやスーパーフォーミュラなどのレーシングメカニックをしています。レース期間中は主にタイヤ交換を担当し、普段はファクトリーでレーシングカーのメンテナンスを行っています。マシンはいつでもイコールコンディションでなければなりませんし、ドライバーやエンジニアが要求するセッティング精度も1/100ミリ単位が求められ、本当にシビアに管理されています。ですから常に正確で精密な技術が必要となるため、気の抜けない仕事ではありますが、自分の手掛けたマシンが目の前をトップでゴールする、そんな瞬間を味わうと、何にも代え難い最高の喜びを得ることができますし、それまでの苦労なんか一瞬で吹き飛びます。今後の目標はタイヤ交換を極めることと、海外のレースで活躍できるレーシングメカニックを目指したいと思っています。

株式会社トムス

国内外の自動車レースに参戦し数々の輝かしい戦績を収め、昨年のスーパーGTシリーズにおいてもシリーズチャンピオンを獲得。レースで培った技術や経験を活かし自動車アフターパーツも開発・販売している。


自動車設計開発

株式会社ホンダテクノフォート

下田 和也さん 2010年卒業/北海道出身


ホンダが生産する自動車のブレーキ設計に携わっています。ブレーキは自動車を構成するパーツの中でも重要保安部品なので品質への責任といったハードルがとても高いです。これまでにアコードやステップワゴンなどの車両に関するブレーキ設計を担当しました。設計部門はデザイナーや製作現場、実験解析などの様々な部署の間に入り、色々な意見を摺り合わせて、形にまとめていく仕事です。自動車開発は非常にタイトなスケジュールで進められるので、限られた時間の中でベストなものを目指さなければなりません。また毎日やったことのない仕事の連続ですから、常に学びながらの作業になります。その分苦労も多いのですが、自分の携わった車両が街中で颯爽と走る姿を見ると、仕事に対するプライドと、この上ない達成感を感じることが出来ます。

株式会社ホンダテクノフォート

ホンダ車のボディ・インテリア・エクステリア・エンジン・シャシ・電装などの設計や解析、車両性能の機能テストや走行テスト、試作車の製作など、ホンダグループの一員としてモビリティ開発に携わる企業。


いま自動車業界では、 女性のカーエンジニアやカーコンシェルジュに期待が集まっています。

現在、全国で働いている自動車整備士の中で2万2千人以上の女性の方々が既に活躍しています。一昔前だと力仕事であるとか、男性の仕事というイメージがありましたが、最近ではコンピュータや機械化が進み、働きやすい環境も整い女性の進出が目立つようになりました。小型車や軽自動車のユーザーの多くは女性ドライバーであり、採用する企業側でも女性ならではの応対技術や、きめ細かな仕事に期待し積極的に採用される企業も多くなっています。

サービスエンジニア

千葉日野自動車株式会社

松下 真弓さん 2015年卒業/千葉県出身


入社当初は乗用車と比べると一つひとつのパーツが大きく力仕事もたくさんあるので、「女性の私でも大丈夫かしら?」という不安の気持ちでいっぱいでした。ですが今年で3年目となり、色々な経験をさせていただいたおかげで、今はとても楽しく働いています。整備工場に入庫してくるトラックのほとんどは何十万キロと走行距離が長く、重量物を積んで走っているので、交換する部品もたくさんあり、整備する箇所も多いです。一台ごとに数名のグループで作業を行うので、まだまだ先輩たちに教わりながらですが、足を引っ張らないよう必死にくらいついて頑張っています。どんなに小さなミスでも、大きなトラブルにつながる可能性があるので、気の抜けない毎日ですが、もっと経験を積んで、先輩たちのように仕事ができるようになりたいです。

千葉日野自動車株式会社

千葉県内をカバーする支店や営業所を展開し、大型・中型・小型のトラックやバス、特殊自動車などの、新車・中古車販売やアフターサービスを提供し、県内の産業や物流などに貢献するディーラー。