#

取得できる資格

国家資格である自動車整備士資格をはじめ
各コースで取得可能な資格を紹介しています。

ライセンス取得の最短ルート

NATSを修了すれば実務経験や実技試験が免除されるので、国家資格取得の最短ルートとなります。

具体的には二級自動車整備士は2年、一級自動車整備士は4年で取得が可能です。

国家資格である自動車整備士をはじめ、自動車関係の資格や社会人として必要とされる資格など、在学中に様々な資格試験に挑戦します。これらの資格は個人のスキルを証明する重要なものであり、将来の仕事上で必ず役立つことでしょう。積極的に数多くのライセンス取得を目指す学生にNATSはバックアップを惜しみません。

◆一級自動車整備士(小型)
自動車整備士資格の最高峰に位置し、取得するのが難しいため“カリスマ整備士”と言われています。ハイブリッドカーや電気自動車といった低公害車や電子制御などの新技術をはじめ、高難度整備、環境保全、安全管理など、その全てにおいて高度なスキルが要求されます。(現在、大型及び二輪の試験は実施されていません)

◆二級自動車整備士(ガソリン・ジーゼル・二輪)
自動車が安全で快適に走行できるよう専門知識や技術を生かし、定期点検や整備、故障修理などを行います。ガソリンとジーゼルの二種目を取得することがスタンダードとされ、これにより一級自動車整備士や自動車検査員といった国家資格の受験が可能となります。 (NATSは二輪も受験可能)


自動車整備科で取得可能な資格

自動車整備科1年次に取得可能な資格
●危険物取扱者(乙種第4類)資格
●有機溶剤作業主任者技能講習修了資格
●アーク溶接業務特別教育修了資格
●ガス溶接技能講習修了資格
●ソーシャル検定・中級
●JAF公認 ドライバー国内B級ライセンス>
●LSFA
 (ライフ・サポーティング・ファースト・エイド)

自動車整備科2年次に取得可能な資格
●中古自動車査定士
●損害保険「基礎単位」「商品単位」(自動車)
●低圧電気取扱業務特別教育修了資格
●二級自動車整備士

カスタマイズ科で取得可能な資格

※1、2年次は自動車整備科に準じます

●職業訓練指導員
●LSFA
 (ライフ・サポーティング・ファースト・エイド)
●二級二輪自動車整備士

モータースポーツ科で取得可能な資格

※1、2年次は自動車整備科に準じます

●JAF公認 ドライバー国内A級ライセンス
●JAF公認 国内A2審判員ライセンス
●職業訓練指導員
●LSFA
 (ライフ・サポーティング・ファースト・エイド)
●二級二輪自動車整備士

自動車研究科で取得可能な資格

※1、2年次は自動車整備科に準じます

自動車研究科3年次に取得可能な資格
●職業訓練指導員

●ソーシャル検定・上級

●日商簿記3級

●第2種電気工事士

●運行管理者(貨物)

自動車研究科4年次に取得可能な資格

●工業英語検定2・3級
●販売士3級
●一級自動車整備士