#

理事長メッセージ

エンジニアとして、
また教育者として長年にわたり若者を導いてきた
理事長・学校長よりメッセージ。

夢と元気はNATSから

 日本自動車大学校は「自動車産業に関する専門教育を通して青少年の人材化を図る」ことを建学の精神に掲げ、企業幹部人材の育成、高度な技術力の養成、自動車整備教育水準の向上を教育理念とし、1989年(平成元年)に開校しました。翌90年には我が国初の4年制・自動車経営科(現、研究科)をスタートさせ、環境問題や新技術・新機構への対応と経営感覚や販売力を兼ね備えた人材づくりに努め、さらに様々なニーズに対応するためカスタマイズ科、モータースポーツ科の設置を経て、現在の教育体系が形成されました。また開校当初より、人間教育に情熱を注ぎ、『健康・実践・向上』を校訓とし、高度な技術を育成する場として、施設・設備やカリキュラム、講師陣といった教育環境の充実を図ってきました。

 その証として、現場・現物・現実主義をコンセプトとし、テストコースをフル活用した実習では、自動車整備科の2年間で確実な整備力を身に付け、卒業後には企業内技術大会において国内にとどまらず世界大会においても活躍する人材を輩出しています。上級課程では、学生が製作した車両を出展する先駆けとなった東京オートサロンは、初出展から今年で21年の歴史を刻み、頂点であるグランプリをはじめ数々の輝かしい賞をコーチビルダーとして受賞し、モータースポーツでは、マシン製作からレースマネージメントを学び、レーシングチームとしてプロを相手に戦い、時には勝利し、また、2010年より参戦し続けている全日本学生フォーミュラにおいても好成績を収め続けており、2016年大会では106チームがエントリーする中、総合5位という結果でした。これら卒業生たちが残した功績は、まさに、NATSという教育環境で学ぶことの意義を表しています。“クルマが好き”ただそれだけの気持ちをしっかりと持ち続けていれば、NATSでしか上ることのできない感動的なステージに、君たちは立つことができるのです。

 東京オリンピックが開催される2020年には自動運転車が実現し、2030年には更に急速な進歩を遂げ自動運転車の普及率も相当高くなることが、予測されます。これにより物流事情が大きく変化すると言われていますが、それと同時にクルマに対する要求も多様化し、いろいろな楽しみ方が提案されるようになります。自動車を取り巻く環境がどんなに変化しても、皆さんがNATSで楽しく学び身に付ける技術、知識、教養はその変化に対応でき得るものです。一生役に立つものです。

 「夢と元気はNATSから」。君たちの将来が豊かな人生となるようNATSへの入学を心よりお待ちしています。

日本自動車大学校 理事長・学校長